RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の日々をお伝えします。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.03
24
3/5(水)

今年も校内日本語弁論大会を行いました。

日本語弁論大会2014

当校では学習段階が中級以上の学生たち全員を対象に、毎年授業で日本語でのスピーチ(弁論)をさせています。
それは、冒頭の校長先生の挨拶にもありましたが、スピーチは様々な言語の技能を必要とする、いわば学習の総まとめだからです。
今年は「一(いち)」をテーマに「一人」、「一緒」、「一番」、「初めて」などについて各々日本語で想いを語りました。

そしてこの日は、クラス予選を勝ち抜いた11人の精鋭たちが教職員、全校生徒、一般の方々の前に立つ晴れ舞台。
発表した学生は皆、堂々と話してくれました。
当日の動画を以下からご覧いただけます。



特別賞受賞 ネパールのNビンさん「一人暮らし生活」



特別賞受賞 フランスのSルヴィーさん「私の一番好きな言葉」



サウジアラビアのYヘヤさん「日本で学んだことと学んで行くこと」



校長賞受賞 ベトナムのIンさん「一つのラブストーリー❤」



優秀賞受賞 ベトナムのTオさん「初めてのけいけん」



インドネシアのSンティカさん「一番はいい思い出があること」



優秀賞受賞 イギリスのDイブさん「一期一会」



バングラデシュのSビットさん「一人きりは大変でしょう」



インドネシアのFァイズさん「一緒にやったほうが良いです」



優秀賞受賞 中国のSイさん「一」



最優秀賞受賞 ネパールのBッダさん「No.1よりOnly1」


発表が終わり、審査員が別室で表彰者の選考をしている間、会場は歌やダンスなどの余興で盛り上がりました。
こちらの様子もご覧いただけます。



余興①フランスのSルヴィーさんのアコーディオン演奏、余興②フィリピンのMッシーンさんの歌



余興③S田先生のサックス演奏、余興④T田先生と愉快な仲間たちのフラメンコ

発表者

弁論でも余興でも、学生たちの普段は見えない才能や気持ちや個性が見られました。
また、今回はステージに上がることができなかった学生も「来年は私が!」と話しており、いい刺激になったようです。
ご来場くださった皆様、またご支援くださった皆様、ありがとうございました。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.03
11
今日は3月11日。

あの東日本大震災から丸3年を迎えました。

地震発生の時刻に合わせ、午後のクラスの学生たちが廊下に集まって「黙祷」をおこないました。
先生から黙祷の意味とやり方を説明してもらい、一分間、それぞれが胸の中で祈りを捧げました。

mokutou2.jpg

目を閉じると一分間がものすごく長く感じます。

現在学んでいる留学生たちは、当時は母国でこの震災のニュースを見ていた人たち。
恐ろしい、危ないなど様々な思いはあったと思いますが、この仙台という街を選んで留学してくれました。

日本に来てくれて、仙台を選んで来てくれてありがとう!

当時勉強していた約240名の学生は、全員怪我もなく無事でした。
近所の避難所で不安で寒い夜を明かした学生、必死の思いで仙台を脱出した学生、緊急帰国をした学生など皆が大変な思いをしていました。

その卒業生たちも3年が経ち、それぞれの道を進んでいると思います。

学校のことを思い出してくれる卒業生がいたら、たまには仙台国際日本語学校に連絡してください!

メール、電話待ってま~す。


(いま)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.02
28
2/20(木)

仙台国際日本語学校著、やさしい日本語で地域の文化を学べる『にほんごで よむ 仙台・宮城』
この度、『Vol.2』の販売を開始しました。

にほんごで よむ 仙台・宮城 2 発売!

昨年7月に出版した『Vol.1』 は、『仙台』、『松島』、『牛タン』、『七夕祭り』、『伊達政宗』の5冊1セット。
今回の『Vol.2』 は、『仙台弁』、『仙台四郎』、『広瀬川』、『3.11-東日本大震災-』の4冊1セットです。
日本語を勉強している外国人の方にも読めるように、それぞれのレベルに合わせて、文法や言葉、文の長さが調整されています。

日本語初級レベルの方でも読める『仙台弁』では、10の仙台弁(東北弁)を意味・用法を添えてわかりやすく説明しました。
初中級レベルの『仙台四郎』では、実在した人物、芳賀四郎さんが「福の神」と呼ばれようになったいきさつがわかります。
どちらもかわいいイラストが豊富です。

『広瀬川』は、仙台を流れる広瀬川の四季折々の表情を背景にした、留学生アリサと彼女のホームステイ先の息子直人との恋物語。
『3.11-東日本大震災-』は、2011年3月11日の東日本大震災を、当校の教師が当時の写真とともに被災者の目線で克明に綴った記録です。
中級レベルのこちらの2冊はページ数も多く、読み応えがあると思います。

日本語を勉強している外国人の方はもちろん、日本人の方にも是非読んでいただきたいと思っております。

******************************************

【ご購入方法】


『にほんごで よむ仙台・宮城』は、当校にて通信販売を行っております。
また、丸善(仙台アエル店)、東京の日本語教材専門書店「日本語ブックス」「凡人社」でも店頭販売・インターネット販売をしております。
当校より、通信販売を希望される方は、恐れ入りますが、下記宛にE-Mailあるいは、FAX、電話でご注文ください。
ご注文される際には、氏名・住所・電話番号をお知らせください。

また、お支払は、後納で、郵便局の払込票を同封いたしますので、そちらをご利用ください。
お届けは、ご注文を受けてから一週間程度かかります。
※送料・振込手数料等は、当方で負担いたします

1セット1,260円(本体1200円+税)
(1セット=4冊『仙台弁』、『仙台四郎』、『広瀬川』、『3.11-東日本大震災-』)
分売不可

・e-mail:sjls@sjls.jp
・FAX:022-224-6517
・TEL:022-224-6509(月~金、9:00~17:00)

仙台国際日本語学校「にほんごでよむ 仙台・宮城」係



(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.02
24
2/24(月)

来週の水曜日、3月5日に弁論大会を開催します。
昨年のテーマは「時(とき)」でしたが、今年は「一(いち)」
学生たちが「一つ」、「一番」、「一回」、「一人」、「唯一」、「一生」などについて、日本語で想いを語ります。

弁論大会ポスター2014

現在、当日の発表者を選考するクラス予選を行っています。
審査をした先生の話によると、どのスピーチも素晴らしく、好評だった昨年の大会を上回る勢いだとか。
当日は予選を勝ち抜いた10名がステージに上がります。

時間は10:00~12:00(予定)、入場はもちろん無料です。
スピーチの他、各国の歌やダンスなどの余興もあります。
学生のご家族、ご友人、お知り合いはもちろん、一般の方のご来場もお待ちしております。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.02
21
2/21(金)

にほんごで よむ 仙台・宮城vol.1』を出版した際に、「ぜひ『伊達政宗』の英語版も出してほしい!」との声があり、
地元のためにと作成を決め、この度ようやく完成しました。

Date Masamune

英語圏の方なら、中学生でもすらすら読めるぐらいのレベルです。
日本人なら高校2年程度、センター試験の長文より易しめのレベルです。
伊達政宗歴史館さんに提供していただいた写真やイラスト、時代背景の説明があって、
日本の歴史に詳しくない方にも分かりやすいと好評です(伊達武将隊さんのかっこいい写真もあります!)。
そして、ワンコイン500円(本体500円+消費税)。

仙台駅前の「丸善仙台アエル店」、松島の「みちのく伊達政宗歴史館」で販売しております。

伊達正宗歴史館

A5判、32頁、ISBN978-4-9907465-2-0

仙台国際日本語学校編著

ぜひ、お土産に、英語学習に。


(E)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.02
04
2/4(火)

学校に青森からりんごが届きました。

手紙とりんご

贈り主は昨年度3カ月勉強し、今は青森の教会の神父様、ケニアのT-さんでした。
※下の写真は昨年2月の世界へ発信!宮城の冬の旅の時のものです。

Tーさん

同封されていた手紙には、


 あけましておめでとうございます。
 佐々木真知子先生と皆さんの先生たちお元気でしょうか。
 私は元気です。
 まだ日本語を自分でCDとかいろいろ勉強します。
 皆さんいろいろお世話になりました。
 本当にありがとうございました。
 りんごを召し上がってください。

 T-神父


と書いてありました。

りんごはもちろん、この気持ちがとても嬉しいです。
T-さん、ありがとうございました。
早速おいしくいただきました。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.02
03
2/3(月)

にほんごで よむ 仙台・宮城vol.1』(仙台国際日本語学校発行)が、2月1日より丸善仙台アエルでも発売されることになりました。
見本も置いてありますので、ぜひ手にとって見てみてください。

丸善写真

↑店員さんに断って撮影させてもらいました。

東京の「日本語ブックス」、「凡人社」でも販売しています。

同シリーズ『にほんごで よむ仙台・宮城vol.2』も、2月20日に発売が決定しました!
(「仙台弁」、「仙台四郎」、「広瀬川」、「3.11-東日本大震災-」)
こちらも、どうぞよろしくお願いします。


(E)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.01
10
1/6(月)~1/10(金)

2011年2012年にスペシャルコースで勉強したマルクさんが、冬休みを利用してフランスからまたまた来日。
わずか1週間という超短期でしたが、今年も当校で日本語を勉強しました。

①

前回は日本文化にも触れたいということで、教室での授業だけでなく、神社やバッティングセンターへも行きました。
しかし今回は、毎日初級の「文法」と「漢字」の復習を1時間ずつ、そして「会話」を1時間の計3時間。
「復習をしながら、もっと上手に話せるようにもなりたい」という彼の希望に応えるプランです。

「文法」は既存の問題集を使用しましたが、「漢字」は今回のために作ったオリジナルの冊子を使いました。
また、漢字の読みの練習のためにipadを活用したりもしました。

②

「会話」の時間に使用したのは、昨年当校が出版した『にほんごで よむ 仙台・宮城 vol.1』
5冊組なので、毎日1冊ずつ読んでいき、書かれている内容から話を発展させて楽しく話しました。
『仙台』を読みながらパリの話もし、『七夕祭り』を読みながらフランスのお祭りの話もする、といった具合です。
日本語を教える、教わるという関係ですが、こちらも勉強になることがたくさんありました。

また、近日完成予定の『にほんごで よむ 仙台・宮城 vol.2』から『仙台四郎』も読んでもらいました。
「イラストがかわいいし、とてもわかりやすくておもしろいです!」とお墨付きをいただきました。
皆様乞うご期待です!

③

そんなこんなであっという間に1週間のコースが修了。
短くも濃い内容に喜んでもらえたようで、「また勉強したい」と話してくれました。
私たちも、いつもとは少し違う授業ができ、新鮮な気持ちで楽しみながら教えることができました。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.01
06
1/6(月)

あけましておめでとうございます。
今年も仙台国際日本語学校をよろしくお願いいたします。

あいちゃん(鏡餅バージョン)

お正月ということで、あいちゃんは鏡餅(かがみもち)になりました。


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ