RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の日々をお伝えします。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.12
02
11月18日と19日、県内の中学校から4人の生徒さんが、職場体験学習の実習先として当校へ来てくれました。
当校には大学で日本語教育を学ぶ学生が、教育実習授業見学に来ることはよくあります。
また、以前高校生が来たことはありましたが、中学生が来るのは今回が初めて。
国際化とともに、日本語を教える人と場についての認識が広がっているのかなと感じます。
ちなみに私は中学生のとき、日本語教師という職業も日本語学校という場も知りませんでした(←単に無知だっただけ?)。

031.jpg

初日の午前中は、まずK長先生とI江先生から、日本語教師という職業、を飛び越えた仕事や人生についての話。
「世界は広い」、「『違い』を大切にしろ』、「生きることは働くこと」、「これからの日本は皆さんが担う」
数々の名言、格言が生徒さんたちの血となり肉となったことでしょう。

また、私からは日本語を外国語として見ることについて話をしました。
国語教育と日本語教育の違い、日本語を母語とする人には気付きにくい日本語の特徴など、面白そうに聞いてくれました。

IMG_5880.jpg

午後は、当校の学生たちと触れ合う時間を設けました。
カードを引き、そこに書かれていることをもとに話す活動では、当校の学生たちが積極的だという印象を持ったそうです。
折り紙の鶴の折り方を教える際には、「教えるって難しいなぁ」「言いたいことが伝わらないなぁ」という表情が見られました。

IMG_5904.jpg

2日目には、プロの日本語教師による日本語の授業を見学してもらいました。
中学校の(一般的な)英語の授業とは違い、直接法の授業ですが、テンポの良さや学生の発話量の多さに驚いたと話していました。
当然のことながら、日本語を母語とする人なら誰でも日本語が教えられる、わけではないんです。

Fotor1202141624.jpg

そして、最終日の午後には、日本語の先生として1人10分程度学生の前に立ちました。
教えるのは、自分の氏名の中の漢字のうち1字の意味、書き、読み、そしてその漢字を含む語彙です。
前日の晩からあれこれ考えたというだけあって、みんな堂々と、そしてなかなか上手に教えることができました。
授業のために、その何倍もの時間をかけて準備をしている教師という職業の大変さを、少しは感じられたのではないでしょうか。

IMG_5893.jpg

4人とも今回の職場体験で何か身につけようという姿勢が感じられ、私たちもやりがいを感じました。
働くことの大変さはもちろん、私たちの仕事に対する誇りや責任感なども感じ取ってもらえたでしょうか。
今回の体験が生徒さんたちにとっていい社会勉強に、また将来の進路選択の一つの材料となったのであれば幸いです。
仙台国際日本語学校では、このような職場体験や授業見学などを、可能な限りお受けいたします。
ご希望の際は、TEL022-224-6509まで、または下記リンクよりお問い合わせください。
http://www.sjls.jp/jpn/form/form.html

※この記事と写真は、中学校の先生方と本人たちの了承を得た上で掲載しました。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.11
25
10月31日(金)、校外研修で岩手県へ行ってきました。
後日、授業で学生に書かせた感想文とともに、楽しかった思い出を振り返ってみます。

2014年10月31日8時30分、私達は学校に集まりました。
なぜか?…そうです、今日は仙台国際日本語学校の学生達がバス旅行に行く日です。
私達は1~8クラスまで一緒に3台のバスに分かれて乗りました。


Fotor1125154041.jpg

バスの中でいろいろな国の友達と会って、日本語でたくさん話しました。
やはり旅行は、到着する前バスに乗っていろいろな人と一緒にお話しすることもおもしろいと思います。


2時間かけて、まず岩手県一関市の猊鼻渓(げいびけい)に行きました。
ここの景色は、言葉ではいいあらわせない情景でした。


Fotor1125151615.jpg

紅葉は黄色、緑、赤、崖と一緒に絶妙に混じり合って本当にきれいでした。
川ももちろん、透明で川底まで見えました。
そんなきれいな川に住んでいる魚までうらやましいほど美しかったです。


Fotor1125152421.jpg

Fotor1125153055.jpg

それから、私達は岩手県平泉町の中尊寺に行きました。
そこは世界遺産と言われる場所で歴史が1200年ぐらいです。


Fotor1125153718.jpg

Fotor1125155559.jpg

それよりびっくりしたのは金で建てた「金色堂」です。
本当にめずらしくて、まだ行ったことがない人はぜひ行ってください。

5時30分ごろ学校に帰りました。
旅行の余韻が残って家に帰るまで続いて幸せでした。
最近、いろいろなもんだいが有って顔が痛かったですが、岩手県の2つの場所に行って自然のおかげで治療ができました。
自然のありがたさをもう一度確認できた旅行でした。

(2クラス Pクさん)

天気もよく、楽しい研修旅行になりました。
当日の写真は、こちらからご覧いただけます。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2014.11
15
夏休みに当校図書室のリニューアルを行いましたが、その後も新しい本を少しずつ増やしています。
特に絵本を多く増やしました。写真はその一部です。

IMG_0703.jpg

絵が多くて字が少ない初級向きのもの、絵は少なめの中級向きのものも。
初級で勉強する文法が多く含まれているものを選んだり、普段の学生の様子からその興味に合いそうなものを選んだりしています。

この間は、「NPO多言語多読」で発行している多読向けの本、「多読文庫 JGR(Japanese Graded Readers)」も追加しました。

135.jpg

これまでも、NPO多言語多読の「にほんごよむよむ文庫」のシリーズを図書室に置いていました。
多読を始めたばかりの学生には特に、まずこのシリーズを読むように勧めています。
使われている文法項目や字数によって0から4までにレベル分けされています。

今回追加したJGRのシリーズも
ほぼ同様にレベル分けされています。
「NPO多言語多読」のホームページから購入可能です。
↓↓↓
NPO多言語多読ホームページ

本の追加後の先日、初級後期クラスで多読の時間がありました。
新しい本が入ったことを伝えると、「新しい本はどれですか」と興味を持ったようで、多くの学生が新しい本を読んでいました。
「おもしろかった」という感想を聞くとこちらもうれしくなります。

また学生が興味を持って読める本を追加していきたいと思います。


(な)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ