RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の日々をお伝えします。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.08
27
8/25(火)

前回ご紹介した「フリーズ・フレーム」に続き、この日の授業の後半は「ホット・シーティング」をしてみました。
簡単に説明すると、学習者が物語などの登場人物になりきり、他の学習者からの質問に応えるという活動です。
別の表現を使うなら、役を演じる学習者に合同記者会見をする、という感じでしょうか。
この活動でも引き続き、「桃太郎」を題材としました。

「フリーズ・フレーム」のときと同様、まず教師が例を見せ、やり方を示しました。
その後すぐに「記者会見」を始めてもよかったのですが、①演じさせる役だけを決め、②その役への質問を考えさせ、
③誰がどの役を演じるかを決め、④「記者会見」を始める、という手順を踏みました。
準備の時間がないと、「会見席」に座る学生が戸惑ってしまい、うまく答えられないのではないか、
また「記者」からも、いい質問が生まれないのではないか、と思ったからです。

深い理由はありませんが、質問を向ける対象として、①桃太郎、②おじいさん、③おばあさん、④猿、⑤鬼を選びました。

FotorCreated_20150827100255698.jpg

上記5役への質問を、「フリーズ・フレーム」の際に分けたグループで考えさせました。
ここで注意したのは、答えが「はい/いいえ」にならないような質問にすること。
そうなってしまうと、この活動の意味とおもしろさが半減してしまうからです。

およそ10分が経過したところで、準備終了。
最初は「おじいさん」役を演じる学生を決めます。
質問に答える学生の緊張を和らげるため、また活動に広がりを持たせるために、今回は1役を2人に演じさせました。
「おじいさん、やりたい人いる?」と聞いてもなかなか手が挙がらなかったので、こちらが選んだのがこの2人。
抜擢の理由は、おもしろいことを言いそうな雰囲気が感じられたからです。

IMG_7396.jpg

始める前に、「会見席」に座る学生は、「答えられない」「秘密です」などと答えてもいいことを、
また質問する側には、先ほど考えさせた質問以外をしてもいいことを伝えておきました。

さて、いよいよ「記者会見」開始。
以下、Qは質問、Aは写真左の学生の答え、Bは右の学生の答えです。
AとBは、活動の様子を撮影したビデオから起こしたものです。
そのため、文法上の誤りもありますが、そのまま記録しました。

 Q 何歳?
 A「65歳です」
 B「60歳です」

 Q いつ結婚した?
 A「40年前」
 B「32歳のとき」

 Q どうして子どもができなかった?
 A「昔のことだから、なんでできなかったのかわからない」
 B「秘密です」

 Q 国はどこ?
 A「日本」
 B「ベトナム」

 Q おばあさんと、いつ、どこで知り合った?
 A「村で子どものころから一緒に成長して、付き合った」
 B「日本へ来たとき、会いました」

 Q おばあさんが桃を持ってきたとき、どう思った?
 A「でっかい桃が来て、今日はたくさん食べられると思った」
 B「子どものときから今まで見れないので、喜びました」

 Q 旗はどうして作った?
 A「戦争に行くということは、自分のマークとかつけたほうがいいと思って」
 B「強く形になって、必ず負けないように」

 Q 旗にどうして「日本一」と書いた?
 A「その前は大きな戦争とかなかったので、これは日本の一番大切な戦争ですよということで」
 B「『日本一』と書いて、もっと強く、一番強くなる」

質問する側の、物語の隙間を付いたおもしろい問いに、2人がうまく答えられました。
1回目にしては、上々と言えるでしょう。

IMG_7399.jpg

次はこの2人がおばあさん役に挑みました。
1回目で様子がつかめたのか、今回は学生のほうから手が挙がりました。

 Q 桃の重さはどのぐらい?
 A「10キロ」
 B「50キロ。山から家まで川が流れているから、一緒に」

 Q 1週間に何回川へ洗濯に行く?
 A「毎日。でも雨の日は行かない。冬も行きます」
 B「Aのおばあさんと似てる(同じ)ですね」

 Q 今何歳?
 A「68」
 B「60」

 Q 桃太郎が生まれた後、残った桃はどうした?
 A「捨てた」
 B「食べちゃったです。めっちゃおいしかった」

 Q 桃を切ったとき、桃太郎まで切れなかったのはどうして?
 B「硬かったので、ちっちゃいずつ切りました」
 A「同じ」

 Q 桃太郎は一人っ子。もう一度川へ新しい子どもを探しに行った?
 A「毎日探したけど、(桃が)なかった」
 B「同じ」

 Q きびだんごの材料は何?
 A「実は、おじいさんが作った。私は渡しただけ」
 B「わからない。忘れちゃったんです」

 Q おじいさんの好きな所は?
 A「やさしい。あと料理上手」
 B「しっかりしている」

Bの男子学生が声色を変えて質問に応じるなどしたため、1回目よりも多くの笑い声が聞こえて来ました。
やりとりの中で生まれた質問もあり、質問する側もされる側も、この回で要領を得たのだと思います。

IMG_7400.jpg

3回目はこの2人が鬼を演じました。
Aの女子学生は、よっぽどこの役になりたかったのでしょう。
「鬼」と聞くやいなや今まで座っていた席を立ち上がり、記者会見席へ向っていきました。
その意気込み通り、鬼になりきって演じてくれました。

 Q 1日どのぐらいお酒を飲む?
 A「数えない。いっぱいです」
 B「酔っぱらうまで」

 Q 鬼が島の有名な食べ物は?
 A「食べ物はない。お酒だけ」
 B「ないですね」

 Q 仕事は?
 A「どろぼうです」
 B「やってない。遊ぶだけ」

 Q 負けた後で「今から悪いことをしない」って行ってたけど、どうやってこれから生活する?
 A「桃太郎の村ではしない。別の村に必ず行きます」
 B「別のところに行って、とるかもしれない」

 Q 鬼はいっぱいいたのに、何で桃太郎たちに負けた?
 A「実は動物がきらい。アレルギーがあるから、早く帰ってもらうために」
 B「わたしたちには刀がなかったから」

 Q 趣味は?
 A「釣り。でも食べるためではない。島に住んでいるから、周りは海ばっかり」
 B「踊ること」

 Q 鬼は結婚する?
 A「できない。男性ばかりです。さびしいからお酒を飲んでいます。毎日お酒を飲むと、全然さびしくない」
 B「私はしてない」

授業中に、こんなに学生たちが笑うことが今まであったかなと考えさせられるほど、楽しい時間になりました。
もちろんそれだけでなく、「ホット・シーティング」には以下のような効果があったのではないかと思います。

 ①学生たちが主体的に取り組める
 ②学生たちの発話量が、他の授業に比べて非常に多くなる
 ③学生たちの題材(今回は「桃太郎」)への理解が深く、広く、豊かになる
 ④自分以外の人物(キャラクター)を演じるからこそ、いろいろなことが話せる

しかし、残念ながら、桃太郎と猿への「記者会見」も、この後にさせるつもりだった別の活動も、時間が足りずに断念。
所要時間の想定の甘さが反省点として残りましたが、「フリーズ・フレーム」も「ホット・シーティング」も、
題材を変えたり、前後の組み合わせを工夫しながら、またやってみようと思える活動でした。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.08
26
8/25(火)

今週のiタイムでは、「フリーズ・フレーム」と「ホット・シーティング」というものを使ってみました。
いずれも教育に活用できる「ドラマの手法」として知られているものです。
簡単に説明すると、前者は身体を使って、あるイメージを静止画として表現するという活動で、
後者は物語などの登場人物になりきって、他の学習者からの質問に応えるという活動です。

この2つは今回初めて授業に取り入れてみたのですが、結論から言うと、学びを深め、豊かなものにするのに効果的でした。
そこで、いつも以上に詳細に書き記しておこうと考えているので、「フリーズ・フレーム」についてを「その①」、
「ホット・シーティング」についてを「その②」とし、2回に分けて投稿します。

2つの手法を用いるにあたり、題材としたのは昔話の「桃太郎」です。
選んだ理由は「何となく」ですが、振り返って見れば登場人(動・怪)物が比較的多く、
その点において、今回の活動に適していたと思います。

IMG_7376.jpg

さて、授業の手順ですが、まずは活動の基礎となる「桃太郎」の物語を読ませます。
「『桃太郎』という昔話を知っている人」と尋ねたところ、手を挙げたのは10人中2~3人だったので、
読み終わった後に、簡単に作中のキャラクターを確認するなど、ここでは予定よりも時間をかけました。

そして次は、「フリーズ・フレーム」についての説明です。
今回のクラスは当校の中では最も学習が進んでいるクラスでしたが、言葉だけではわかりにくいだろうと思い、
「私の一日」というテーマで4つの静止画を作って見せたところ、やり方を理解してくれたようです。
その後、クラスを半分に分けてグループを2つ作り、「桃太郎」を4つの静止画で表現するように伝えました。
条件は1つ、全ての静止画に全員が参加することです。

二部屋に分かれて、ああでもないこうでもないと言い合いながら、4枚の作品を作りあげるのに約15分かかりました。
元の教室に戻り、「3、2、1、カシャ」の掛け声で各グループが静止画を作り、自分たち以外のグループに発表しました。
この日はその掛け声に合わせて実際に写真を撮ったので、お見せします。
まずはAグループから。

IMG_7385.jpg

1枚目、桃太郎誕生のシーン。
写真左から、切られた桃の半分、桃太郎、切られた桃のもう半分、おばあさん、おじいさんを表しているそうです。
タッピング(つっついて何を表しているか、何をしているところか説明させる)をして、一人一人に話してもらいました。
二人で桃を演じたところ、長い髪を顎に巻き付けておばあさんのほっかぶりを表し、携帯を包丁に見立てたところなどが見事です。

IMG_7386.jpg

2枚目は、犬・猿・キジを引き連れ、「いざ鬼が島へ!」という場面。
犬、桃太郎、旗、猿、キジの順に左から並んでいます。
目線や表情から、学生たちが生き生きとしているのが伝わるでしょうか。

IMG_7387.jpg

3枚目は鬼退治。
左から、犬、鬼、桃太郎、猿、キジ。
鬼は為す術なしといった様子です。

IMG_7388.jpg

4枚目は村への凱旋。
左から、出迎える村人、犬、桃太郎、キジ、猿です。
通して見ると、何人かが役割を変えながら4つの場面をうまく静止画に置き換えていることがわかると思います。
すばらしい発表に拍手喝采でした。

続いて、Bグループ。

IMG_7389.jpg

1枚目はAグループとは異なり、おばあさんが川で桃を見つけるシーンです。
タッピングで説明を求めたところ、左から桃、川、おばあさん、花、木とのこと。
花役の男子学生は当初髪型を活かして石になるはずでしたが、桃と紛らわしいという理由で急遽変更。
冊子で、花びらを表現する柔軟な発想には脱帽です。

IMG_7390.jpg

2枚目も先ほどのグループとは違います。
お世話になったおじいさんとおばあさんとの別れの場面です。
左から、旗、桃太郎、おじいさん、家、おばあさんの順。

IMG_7391.jpg

3枚目はAグループと同じく鬼退治をするところ。
左からキジ、犬、鬼、猿、桃太郎。
鬼の「参ったぁ~」という声が今にも聞こえて来そうです。

IMG_7392.jpg

4枚目に選ばれたのは、やはり村への凱旋のシーン。
拍手で迎える村人、キジ、桃太郎、ゴリラと言われていた猿、犬の順に左から並んでいます。
Bグループの作品からは「全ての静止画に全員が参加」という条件を満たすための苦労が窺えますが、素晴らしい出来でした。
こちらの発表後にも大きな拍手が起こりました。

既に書いた通り、初めてこの「桃太郎」を知るという学生が多かったのですが、自分たちが演じる過程を通して、
また、もう一方のグループ発表を見て、この物語のあらすじがはっきりしたのではないかと思います。

恥ずかしがって活動に乗り気ではない学生もいるかもと心配していましたが、杞憂だったようです。
参加した学生たちの性格もあるでしょうが、グループワークであること、動きや台詞を伴わないことが負担を軽くしたようです。
「フリーズ・フレーム」は、これ自体を目的とするよりは、次の活動へのステップとして有効であるように思いました。

長くなりましたが「その①」はここで終了。
授業時間もここまでで、ちょうど半分の45分かかりました。
「その②」に続く・・・。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.08
03
7月25日(土)

仙台駅東口で行われた「伊達アジアフェス」に参加しました。
このイベントは、仙台の伊達文化だけでなく、アジア各国の文化も楽しむことができます。
アジア各国民族衣装ファッションショーなどのステージや、アジアンフードが食べられる出店があるなど、
「仙台で10か国以上のアジアが体感できる!」というイベントです。

また、「仙台すずめ踊り」との合同開催ということもあり、
当日はたくさんの方が来ていました。

IMG_7175.jpg

今回参加した学生は、台湾、カナダ、韓国、イタリア、ブラジル、ネパールの学生です。
学生たちは、タイのビールを飲んだり、中国の踊りを見たりと、アジアを感じていました。

IMG_7173.jpg

ネパール人学生2人は、浴衣を着てインターナショナル花魁道中に参加し、
アジアフェスの宣伝を行いました。浴衣がよく似合っています。

IMG_7170.jpg

左の学生Rビンさんは、NHKのドラマの企画で、宮城県の粋や華やかさがある男性、
伊達男」として紹介されており、伊達男らしくイベントを盛り上げてくれました。

IMG_7178.jpg

また、カナダと台湾の学生も浴衣を体験しました。
初めて浴衣を着たということで、「歩くのが大変!」「どうやってお手洗いへいきますか?」などの感想が。
2人とも、日本を感じてくれたようです。

学生たちにとって、日本だけでなくアジアの国の文化に触れることができた1日となりました。


(A)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.07
21
2015年7月18日、「にほんごえほん あいちゃん」を発売しました!
あいちゃん表紙
作:遠藤和彦・葛西厚子・志田紀子 
絵:八巻七重 
ISBN 978-4-9907465-5-1
A5版、80ページ、880円(本体)+税

この本は、仙台国際日本語学校が力を入れて取り組んでいる日本語多読向けの本です。
初級用で、日本語能力試験のN5レベルまで学習していれば十分楽しめます。
表紙だけでなく、中身も絵本のようにフルカラーのかわいいイラストと、やさしい言葉で書かれています。
オチのある楽しい話の中は、初級の学習項目で編まれていて、さくさく読めて復習にも役立ちます。

IMG_7144.jpg

IMG_7142.jpg

内容は、えびす家という家族の日常を描いたコメディで、下記の6つの話が収められています。
・「ふたご」(字のない絵だけの話)
・「なんさい?」(年齢)
・「ピクニック」(助詞『で』)
・「3じ」(動詞『かける』)
・「くちべに」(て形)
・「クリスマスプレゼント」(授受表現「あげる/もらう/くれる」)

一つ一つの話がつながっていき、全体として大きな話になっていて、思わず前のページを読み返したくなるはずです!
また、イラストが豊富なので、日本事情を視覚的にわかりやすく学べます。
(ネタバレしてしまうので、あまり詳しく書けませんが、3時のおやつ、地震が起きた時の対応など……)

進化した日本語多読本「あいちゃん」を、どうぞよろしくお願いします!
(2016年春には「あいちゃん2」も発売する予定です)

(E)

*******************************
ご購入方法について

・現在、丸善仙台アエル店で販売しております。8月には東京の書店でも販売する予定です。
・その他の地域の方でご購入を希望される方は、恐れ入りますが、当校までご連絡(E-mail:k.endo@sjls.jp Tel:022-224-6509 Fax:022‐224‐6517)いただければ、送料無料でお送りいたします。お支払いは、ゆうちょ銀行の払込票をお送りいたしますので、郵便局の窓口またはATMでお支払いいただきます。
・当校の出版物は、取次を通さず書店様との直接取引で商品を流通しております。書店様におかれましては、条件等は直接当校までお問い合わせください(Tel.022-224-6509)。

*******************************


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.07
08
七月七日、七夕。
アジア圏の学生には馴染みのあるお祭りですが、多国籍化が進む当校では、全く知らない学生もいます。
加えて仙台といえば、日本一の七夕まつりが有名です。
そこで当校では、毎年この日に合わせ、授業で七夕を取り上げています。

IMG_7025.jpg

学生たちが短冊に願い事を書く際には、新しい表現を教えます。
「試験に合格できますように」で使われる、いわば祈願の「~ように」です。
願望の表現としては「~たいです」「~がほしいです」を初級で教えていますが、
「家族が元気でありますように」など、「~ように」を知らないと表せない想いもあるんです。
かっこよく言えば、日本文化に日本語を結びつけてやるわけです。

IMG_7021.jpg

七夕飾りも学生たちに作らせます。
Youtubeの動画を見せ、折り紙で鶴、投網、星などなど。
その際のエピソードを一つ。
居酒屋でアルバイトをしている学生が目を輝かせて、「あっ、竹鶴はこの意味ですか!」
もちろん、あなたの言う「竹鶴」はウイスキーの銘柄で、七夕とは無関係だと丁寧に説明しておきました。

IMG_7052.jpg

形だけではなく、七夕のいわれについても当校刊『にほんごで よむ 仙台・宮城vol.1』の『七夕祭り』などで紹介しました。
このいわれについて、より理解を深めてもらうため、織姫と彦星の物語を学生たちに演じさせもしました。
昼ドラのようなストーリーはウケがいいのか、みんなノリノリで役になりきっていました。

また、旧暦に合わせて八月に行われる仙台七夕まつりについても写真や動画を見せました。
縁あって仙台に来たのですから、ぜひ一度は見に行ってほしいものです。

FotorCreated_201507101311262c5.jpg

ちょっと話が前後しますが、ここで学生たちが書いた願い事を少しだけ紹介します。

「家族が元気でありますように」「ネパールが早く復興しますように」
母国や自分の家族について書いたものは、毎年よく見られます。

1FotorCreated

「日本語能力試験N2に合格したいです」「漢字が上手になりますように」
自身の日本語能力の向上を願う短冊が、やはり一番目立ちました。

FotorCreated4_20150710113853a70.jpg

こんなユニークなものもありました。
願いというよりは、自分自身に言い聞かせるような「石の上にも三年」
20代半ばにして語学留学しているのに、無謀にもほどがある「サッカーのせんしゅになりたいです」
自称永遠の28歳、校長先生の加齢?成長?を願う「校長先生がはやく29さいになれますように」

IMG_7038.jpg

七夕を骨の髄まで使いつくしたような授業で、学生たちは七夕についてよくわかったことでしょう。

最後に、私たちの願い。
学生たちが日本で充実した生活を送れますように。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ