RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の日々をお伝えします。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.12
09
11月17、18日の二日間、宮城県内にある富谷第二中学校の生徒さんが4人職場体験に来てくれました。
今回は昨年に引き続き二度目です。

一日目、当校の留学生と交流してもらいました。
4人のグループで、お互いへの質問を書いた紙をもとに自由に話しました。
最初は緊張ぎみだった中学生も、話しているうちに笑顔が増えてきました。
終わってから感想を聞いたところ、留学生たちが思っていたより日本語が話せてびっくりしたそうです。

交流

次に、日本語教師が主にどんな仕事をしているのか少し理解してもらおうと、校長先生をはじめとする当校教員が話しました。
校長先生からは、日本語教師は日本と外国をつなぐ架け橋を育てる仕事だというお話をいただきました。
「文化の違いを知れ」、「経験を積め」、「視野を広くもて」といった、経験が多い校長先生ならではの数々のお言葉もいただきました。
E先生からは、媒介語を使わずに日本語を教える(直接法)とはどういうことか、
また、普段無意識に使っている日本語を意識的にみる、といった実践的な話をしました。

校長先生遠藤先生

午後は、二日目の授業体験の準備をしました。
今回の授業体験の内容は擬態語でした。
擬態語は、幼稚な印象があることや、それがなくても意味が通じるといったことから、
国語教育・日本語教育の中での優先順位はあまり高くないため、当校でも体系的に授業をすることはありません。
しかし、日本で生活している留学生が擬態語を見聞きすることは多いはずです。そこで今回の内容としました。
同じ括りの中で一人二つの擬態語に決め、対比的に教えるようにしました。
例えば、「じっと(見る)」と「ちらちら(見る)」の二つという具合です。
こうすれば、教える側は教えやすく、教わる側もわかりやすくなります。
意味の教え方は、演技して見せる、動画を見せるなど、4人それぞれ工夫していました。

教案 男子

教案 女子

その後、当校の日本語教師の漢字の授業を見学してもらいました。
当校では漢字を教える際、一字一字の覚え方も教えていますが、自分たちが漢字を教わるときと違う、という感想を持ったそうです。

授業見学

二日目は、I先生、W先生から留学生のバックグラウンドについて話しました。
外国人といえば欧米人、といったイメージがあるでしょうが、当校を含め多くの日本語学校に在籍しているのはアジア人留学生が大半です。
ネパールなどの国の写真を見ながら説明を受け、留学生に対するイメージが変わったことでしょう。

今江先生

その後は、いよいよ授業体験本番でした。一人10分ぐらいの時間でした。
やはり緊張している様子でしたが、前日からの準備と直前の模擬授業の成果か、うまく教えられていました。
教えたことが伝わってよかった、楽しくできたという生徒さんもいました。

授業

職場体験の間に、日本語教師をしていてよかったことは何か、という質問を受けました。
教えたことがちゃんと伝わったとき、卒業生が学校に顔を出し近況を伝えてくれたときなど、いろいろあると思いますが、
授業をするのが楽しいということを少しでも感じてもらえたようで、こちらもうれしく思います。
生徒さんは4人とも教育に興味があるということでした。
今回の職場体験で生徒さんの将来に少しでも役に立てれば幸いです。

集合
(授業を行ったクラスの学生と)


(な)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.11
26
11月16日(月)校外研修で日本三景の一つに数えられる松島へ行ってきました。
後日授業で学生たちに書かせた感想文の一つを引用し、楽しかった思い出を振り返ってみようと思います。
日本語母語話者にとっては読みにくさを感じる文章かもしれませんが、原文のまま掲載します。

FotorCreated1_20151202161416ccc.jpg

昨日バスに乗って先生たちと一緒に松島という所に行きました。

FotorCreated2_201512021614174a6.jpg

まず松島へとうちゃくして船に乗りました。船の名前はあおばでした。
200人いじょう乗れる船ですからちょっと大きかったです。


FotorCreated3_20151202161418a5a.jpg

天気がよかったのでみんな楽しみにしました。
船の中から海のけしきが全部見えたのでほんとうによかったです。
だめだったのにみんな鳥にえさをやりました。船中気持ちがよかったです。


P1000707.jpg

あと船を降りてから寺に行きました。名前はえんつういんでした。

FotorCreated5_201512021614217b0.jpg

御あん内する人はいないのであまりれきしはわからなかったです。

FotorCreated4_20151202161420638.jpg

それからホテルに行って御飯をいただきました。おいしかったです。

FotorCreated6.jpg

つぎにさいぎょうもどしのまつこうえんに行きました。
松島のけしき全部みられますのでそれは日本の一番いい所だと思います。


IMG_6910.jpg

それから仙台新こうに行きました。

FotorCreated7_20151202161639f05.jpg

そのときちょっとねむかったけど海のけしき見てやっと元気になりました。
その所から海のけしきぜんぶみえます。
四年前つなみのせいでちょっとこわれたが今はなおったという話しを聞きました。
サーフィンする人もたくさんいました。その場所はサーフィンの有名な所です。
旅行に行ってちょっとでも日本のぶんかをしりました。松島は一番いい所でした。
もう一回行って遊びたいです。

(3クラス Tィラクさんの作文)

松島は近場ですが、初めて行ったという学生が予想以上に多く、楽しい研修旅行になったようです。
何度か訪れたことがある者、中には松島でアルバイトの経験がある者もいましたが、
彼らの書いた作文からは、「松島の魅力を再発見できた」という旨の表現が数多く見られました。
写真からも伝わると思いますが、天気にも恵まれ、とても気持ちのいい一日でした。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.11
12
wifii padeラーニングパソコン室図書室学生寮
どこにも負けない(であろう)設備を誇る当校ですが、この秋、さらに校内の設備が充実しました。

IMG_7814.jpg

まずはこちらのプロジェクター。
今までは古い型の、固定されていないものが1台だけでしたが、このたび8つの教室に取り付けました。
画質もよく、大きさや明るさの微調整も可能、加えてスピーカーも内臓されている優れモノです。

IMG_8082.jpg

HDMIケーブルでパソコンとつなぐと、

IMG_8084.jpg

このようにパソコンの画面がきれいに投影されます。
プロジェクターと一緒に、この90インチのスクリーンも8部屋に設置しました。
今まではホワイトボードをスクリーンとして使用していたのですが、こちらはひと回り大きく、やはり映りが鮮明です。
授業では動画やビデオを教材として用いるので、これで一層効果的な教育活動が期待できます。

IMG_8081.jpg

専用のアダプタを使えばi padとの接続も可能。

IMG_8089.jpg

こちらもきれいに映ります。
アダプタの差し込み口が同じなので、i phoneの画面を映し出すこともできます。
授業でスピーチをさせる際などに、自分のi phoneの中にある写真を見せながら話してもらう、なんてこともちょちょいのちょい。
便利な世の中になったものです。

IMG_8079.jpg

もう少し自慢を続けさせてください。
廊下と3つの教室にしかなかったwifiも、全教室に完備。
これで以前よりも、インターネットを利用した授業がスムーズに行えるようになりました。
でも学生はそれ以上に、休み時間中のスマホいじりのストレスが減ったと喜んでいます。

IMG_8178.jpg

上段下段合わせて42台のipadを1度に充電できる、充電器ならぬ充電ボックスも購入しました。
当校では1(ひと)クラス10~20人で授業をしているので、2~3クラス分の充電がいっぺんにできるというわけです。
i padを使った授業も、今まで以上に力を入れていきたいと思います。

自習室

最後はこちらの自習室について。
長年、2部屋あるパソコン室のひとつとして使って来ましたが、スマホやタブレット端末が普及し、徐々に使用回数が減少。
パソコン室は1部屋(19台)あれば十分だろうということで、機器のかわりに仕切りを取り付け、自習室に生まれ変わりました。
授業時間外にも開放しているので、暗くなるまでこの部屋を使う学生の姿も時折目にします。
全学生にとってというわけではありませんが、一部の学生には以前よりも大切な場所になったようです。

どうですか?数ある日本語学校の中でも、こんなに設備のいい学校は、そう多くはないはずです。
加えて日々研鑽を重ねる優秀な教師陣と、家族のような優しさと鬼のような厳しさを併せ持つ職員が揃っています。
仙台国際日本語学校で勉強したいとお考えの方、もしくはお知り合いを勉強させたいとお考えの方。
ぜひ一度022-224-6509まで、もしくはこちらの問い合わせフォームからご相談ください。

自慢と勧誘を終わります。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.10
25
今年も、盛岡大学との交流会を行いました。
この交流会は2012年に始まり、今回で4年連続4回目。
盛岡大学からは日本人学生11名と留学生1名、当校からは10カ国12名の合わせて24名が参加しました。

FotorCreated_201511091412114d0.jpg

中心となる活動の前に、まずはウォーミングアップとして2種類のゲームをしました。
1つはグループになって輪を作り、リズムに合わせて1人が自己紹介、グループの人がその人の名前を繰り返す、というもの。
もう1つは、先ほどと同じグループで今度は手をつなぎ、その手を離さずに新聞紙で作った輪っかを1周させるというものです。
いずれも盛岡大学で日本語教育を勉強中の学生さんたちが考えて来てくれました。
硬かった参加者の表情がゲーム中から徐々に柔らかくなっていき、終了後にはみんな笑顔になっていました。

2

いい雰囲気ができたところで、今回の中心的な活動、「仙台クイズラリー&フォトコンテスト」に移ります。
クイズの答えを探して街中を歩き回るクイズラリーと、テーマに合った写真を撮ってくるフォトコンテスト。
どちらも以前にiタイムでやったことがある活動なので、クイズの内容は大きく変え、写真のテーマも新しくしました。
説明だけしていきなりスタート!とはいかないので、グループを決めた後、地図を渡して作戦タイム。
準備ができた、あるいはここで準備したところで時間の無駄だ、という結論に達したグループから順次出発しました。

3

クイズの問題は全部で15あり、そのうちのいくつかを紹介しますと、

Q1.ヨドバシカメラのカメラ売り場は何階ですか?  
Q4.JR仙石線で仙台駅から松島海岸駅まで行くのにいくらかかりますか?
Q5.仙台の有名なお菓子「萩の月」は、10個入りでいくらですか?
Q6.12月9日に開通する「地下鉄東西線 WE」の一番西の駅の名前は何ですか?
Q7.高速バス「アーバン号」(仙台‐盛岡)の大人往復きっぷはいくらですか?            

ほとんどのグループが、まずは多くの答えやヒントが隠れている仙台駅へ。

写真に映っているipadは、情報検索用ではなく、カメラとしてグループに1台渡したもの。
また答えが簡単にわかってしまうため、携帯電話は緊急時の連絡以外には使わないこととしました。

5

クイズラリーには、クイズだけでなく、2か所のチェックポイントでの記念撮影も組み込みました。
そのうちの一つが、仙台市内を一望できる、AER(アエル)というビルの31階展望テラス。

4

もう一つが、街の中心部のビル群の間に突如現れる市場、「仙台の台所」こと仙台朝市です。
近代的な建物の上からの眺めと庶民的な下町の空気、その両方を味わってもらおう、というのがねらい。
でも制限時間が約60分と短かったことから、参加した学生たちにしたら、それどころではなかったかもしれません。

IMG_7928.jpg

1分遅れるごとに1点マイナスと伝えていたにも関わらず、予定の時間内に戻って来たのは6グループ中わずか2グループ。
容赦なく減点してから、クイズの正解発表、チェックポイントでの写真の確認、フォトコンテストの審査をしました。
クイズラリーは1問正解につき+1点の加点方式、チェックポイントは写真を撮れなかったら-3点の減点方式。
フォトコンテストは、テーマに合ったいい写真を撮ったグループから順に3点、2点、1点を加えるということにしました。

ここで皆さんにも先ほどのクイズの答え合わせ。

Q1.ヨドバシカメラのカメラ売り場は何階ですか? ・・・ 1階  
Q4.JR仙石線で仙台駅から松島海岸駅まで行くのにいくらかかりますか? ・・・ 410円
Q5.仙台の有名なお菓子「萩の月」は、10個入りでいくらですか? ・・・ 2000円(税込)
Q6.12月9日に開通する「地下鉄東西線 WE」の一番西の駅の名前は何ですか? ・・・ 八木山動物公園駅
Q7.高速バス「アーバン号」(仙台‐盛岡)の大人往復きっぷはいくらですか? ・・・ 5200円


6

「小さい秋」がテーマのフォトコンテストで1番に選ばれ、3点を獲得したのが、この仙台朝市に並ぶ柿の写真です。
他のグループがほのかに色づいた街路樹を被写体に選んだ中、柿に焦点を当てたことが高評価を得ました。

7

クイズの正答数、チェックポイントでの写真撮影の有無、フォトコンテストの結果、それから遅刻による減点を集計。
見事優勝したこのグループには、素敵な素敵なプレゼントを袋いっぱいに詰めて贈呈しました。

8

ちょっと時間が足りなかったかな、という反省は残りますが、多くの学生たちから「楽しかった」という感想をいただきました。
終了後にメールアドレスやfacebookのアカウントを教え合う姿も見られ、交流会としては成功と言えるのではないでしょうか。
また、参加した学生たちが今まで以上に仙台を知ることができたのなら、もう一つの目的も達成できたことになります。

実は盛岡大学の学生の中の5人は、来月当校で教育実習を行う予定で、今回はその事前研修という意味合いもありました。
この交流会を機に、大学で今まで以上に勉強し、そして実習期間を実りあるものとしてほしいと思います。

最後になりますが、盛岡大学の皆さん、仙台までお越しくださり、ありがとうございました。
※当日の写真はこちらからもご覧いただけます。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2015.10
17
今週からいよいよ新学期が始まりました。
「読書の秋」ということで、秋休みを利用してうちの日本語学校のゆるキャラ「あいちゃん」のしおりを作ってみました。

20151017091157d0e.png

このしおりは、多読の授業で、30冊読んだ学生にプレゼントするために作りました。
だんだん長いものが読めるようになると、その回だけでは読み終わらず、次の回にどこまで読んだかわからなくなってしまうし、たくさん読んだことに対するご褒美のようなものがあると楽しいかなと考えました。
何より「読書を楽しむ、本を大切にする」ということにつながるかなと思います。

作り方は、簡単で、A4のちょっと厚めの紙に印刷して、10枚に切って、パンチで穴を開け、100円ショップで買ってきた紙ひもを付けただけです。
学校名の横には、読書に関する偉人の格言が書かれています(10種類あります)。

ちなみに、当校で制作した「にほんごえほん あいちゃん」バージョンのしおりも作りました。
こちらは来春発行予定の「にほんごえほん あいちゃん2」のおまけに付けようと思っています。


(E)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ