RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の日々をお伝えします。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.03
31
3月10日に行った「日本語弁論大会2016 ~変~」
前半に続き、後半の模様をご紹介します。



まずは1クラス、ネパールのロビンさんのスピーチ「変わる」をどうぞ。
校長先生の授業で聞いたある言葉によって、自身の考えに変化が生じたことを流暢な日本語で話してくれました。
想いが日本語を通して学生たちに伝わる…。日本語教師冥利に尽きます。
校長先生はこの晩、喜びのあまり彼のスピーチを夢の中でも聞いたとか聞かなかったとか。



ロシアのユリアさん(1クラス)は「人生に起きる変化の大切さ」と題して意見を述べてくれました。
ご覧のように、ステージにある大型スクリーンに写真を投影しての発表。
この形式は昨年の夏に彼女も参加した「SenTIA たのしく日本語トーク!」からヒントを得たものです。
当校の弁論大会では初の試みでしたが、説得力が増し、弁を進めるのに非常に効果的だと感じました。
もちろん内容も素晴らしいので、ぜひ一度ご覧ください。



次も1クラスの学生によるスピーチです。
ネパールのプラカスさんで、「本当に変わるのはいいのか?」
他の弁士と一味違う、変化することの是非を問う深い内容に私たちも考えさせられました。
だんだんプラカスさんが哲学者のように見えてきます。
最後に彼自身が葛藤の中で辿り着いた結論とは?必見です。



最後は2クラス、中国の木村雪鈺さんで「私のライバル」
家でのお母さんとのやり取りを、落語家のように一人二役で話してくれました。
「話し方・表現」という観点では、今回の発表者の中でも一二を争う出来だったのではないでしょうか。

全員の発表が終わり、審査員の先生方が各賞の選考を行っている間、余興として2組がステージに上がりました。

FotorCreated1_2016040410491180f.jpg

10クラスのKュウさんはマイケル・ジャクソンの曲に合わせてダンスを披露。
写真ではそのキレが伝わらないのが残念です。

IMG_9176.jpg

6クラスの学生たちは、授業で練習してきた槇原敬之の「遠く 遠く」をN見先生の伴奏で合唱しました。
カラオケでこの曲を十八番としている(?)I江先生とW邊先生も飛び入りで参加。
歌詞を単なる音としてではなく言葉として理解して歌っていたためか、心に響くものがありました。

IMG_9235.jpg

余興の後、審査委員長のS田先生から、各賞の発表がありました。
受賞者は以下の通りです。
おめでとうございます。

最優秀賞…プラカスさん(1クラス、ネパール)
優秀賞…アズキ―さん(7クラス、インドネシア)、オリビエさん(6クラス、フランス)、
    ロビンさん(1クラス、ネパール)
校長賞…ユリアさん(1クラス、ロシア)
奨励賞…ガナシャムさん(1クラス、ネパール)、ファビオラさん(5クラス、チリ)、
    ペックワンさん(7クラス、シンガポール)、木村さん(2クラス、中国)

FotorCreated_20160404104909c33.jpg

最後にとどめの余興その四!
T田先生と愉快な仲間たちによるフラメンコ(T田先生以外は付け焼刃)!
4年前の第1回大会から「今年限りで…」と囁かれていますが、手を変え品を変え、4年連続4回目。
もうここまできたら、できる限り続けていくしかないのかもしれません。

お伝えしてきたように、弁論でも余興でも、学生たちの普段は見えない才能や気持ちや個性が溢れたいい会になりました。
今回参加できなかった初級レベルの学生たちも「来年は私が!」と意気込んでおり、いい刺激になったようです。
ご来場くださった皆様、またご支援くださった皆様、そして最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2016.03
25
当校では毎年、学習段階が中級以上の学生たち全員に、授業で日本語でのスピーチ(弁論)をさせています。
その理由は、スピーチは様々な言語の技能を必要とする、いわば学習の総まとめであるからです。
また、その学習の成果と個人の意見を、習得した日本語を通して外部の方にも知ってもらうため、弁論大会を行っています。
例年漢字1字(「時」「一」「生など)をテーマにしていますが、今年のテーマは「変」
クラス予選では「変化」、「大変」、「変な○○」などについて自らの考えを述べてくれました。

そしてこの日、3月10日はクラス予選を勝ち抜いた9人の精鋭たちの晴れ舞台。
学校関係者のみならず、一般の方々も来場されましたが、発表した学生たちは皆、堂々と話してくれました。
以下、当日の動画と写真を発表順に並べましたので、ぜひご覧ください。



トップバッターは7クラス、インドネシアのアズキ―さん。
タイトルは「マイケル・ジョーダンのことば」
昨年の4月に入学して、ここまで話せるようになるとは立派の一言です。
身に付けている衣装にもぜひご注目ください。



2番目の発表者は5クラスから、チリのファビオラさんです。
タイトルは「コスプレするってどういうことですか」
まるで研究者のような冷静な目でコスプレ文化を見つめ、それを落ち着いた語り口で話してくれました。



続いてはネパールのガン・シャムさん(1クラス)で「変わって来た世界と技術と人間の関係」
他の弁士に比べ、時間も空間も大きな視点で捉えているのが彼のスピーチの特徴です。
当日の朝まで修正を加えていたため途中つっかえる所もありましたが、最後まで堂々としていました。



次はフランスのオリビエさん(6クラス)の「天使のように」という面白いタイトルのスピーチです。
使っている表現は簡単なものばかりなのですが、それを補って余りあるユーモアが彼の持ち味。
会場をも巻き込んだ素晴らしいスピーチでした。



前半戦最後は7クラスで勉強しているシンガポールのペックワンさん。
タイトルは「The only thing that does not change is change itself」
和約すると「変化するということだけが、唯一変化しないことだ」となるでしょうか(間違っていたらすみません)。
タイトルが示すように、強いメッセージのあるスピーチでした。

ここまでで、9人中5人の発表が終了。

FotorCreated_20160328172351646.jpg

中休みの前には、今大会の審査委員長でもあるS田先生がサックス演奏で会場を盛り上げてくださいました。
後半へ続く―。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2016.03
04
来週の木曜日3月10日に、「仙台国際日本語学校 日本語弁論大会2016 ~変~」を開催します。

無題
(※ポスターの写真は昨年度のものです)

当校の弁論大会では「時」、「一」、「生」など毎年漢字一字をそのテーマにしてきましたが、今年は「変」
「変化」、「大変」、「変な○○」などについて、それぞれの経験や想いを日本語で熱く語ります。

10日(木)の本選出場を目指し、先週から今週にかけてクラス予選が行われました。

FotorCreated4_20160304101817fc9.jpg
FotorCreated3_201603041018157a1.jpg
FotorCreated_20160304101814de8.jpg

当日はこの予選を勝ち抜いた精鋭9名がステージに上がります。

時間は10:00~12:30(予定)、もちろん入場無料です。
スピーチの他、途中、各国の歌やダンスなどの余興もあります。
学生のご家族、ご友人、お知り合いはもちろん、一般の方のご来場も大歓迎です。

会場へのアクセスはこちらから(※お車でのご来場はご遠慮ください)
http://www.sjls.jp/jpn/access/access.html

学生たちの日本語学習の総まとめ、ぜひ多くの方々にご覧いただきたいと思っております。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2016.02
02
今週のiタイムでは、5クラスの学生たちに「ドラえもんの新しい道具」を考えさせ、発表させました。
題材に「ドラえもん」を選んだ理由は、①みんなが知っているから、②いい意味で現実的ではないからです。

もう少し説明を加えますと、前者はこういう活動をする際には共通認識、下敷き、土台のようなものが大切だからです。
これが不徹底だと、その後の活動がうまく行かず、無駄な時間になってしまう確率が高くなるのです。
事実、5クラスには6カ国14人の学生がいますが、「ドラえもん」を知らない人はゼロ。
そのため、導入部分に余計な手間と時間をかけずに済み、メインの活動にスムーズに進めました。

また後者については、案外自分自身のことや現実的なことは話せない、また話したくない場合があるからです。
物語の登場人物を演じさせたり、「もしも」の世界に引っ張り込んだりすることで、発話の量を増やそうというねらいがあります。

さて、前置きが長くなりましたが、活動の流れとそのおおよその所要時間は、
 ①ドラえもんの道具の中から有名なものを紹介。その機能や使い方だけではなく、名前にも注目させる。…15分
 ②一人ひとりに新しい道具を考えさせ、紙に書かせる。名前や説明文も書かせる。…45分
 ③考えた新しい道具について、全体に向けて発表させる。…30分

IMG_8481.jpg

発表の際には上の写真のように、学生の書いた絵をiPadで撮影し、それをプロジェクターでスクリーンに投影しました。
こうすると見やすくなるばかりでなく、何だかよくわからないものを紹介していても、恰好がつきます。
目を細めて見れば、ほら、新商品のプレゼンテーションをするスティーブ・ジョブズのように…見えませんね。
ちなみにこれは、困ったときや寂しいとき、専門家に話を聞きたいときなどに便利な「ご連絡マシン」
これを持っていれば、いつでも、だれとでもテレビ電話のようなやりとりができるのだそうです。

ではここからは、ネパールのSンカルさんの「ご連絡マシン」よりも素晴らしい道具を、いくつかご紹介します。

20160202153719997_0001_20160202171858fb0.jpg

まずは、同じくネパールのSンデャさんが考えた「番組体験テレビ」
映し出された番組やゲームの世界に入ることができるテレビです。
彼女はこのテレビで旅行番組にチャンネルをあわせ、色々な国を見てみたいのだそうです。
アイディアはもちろんですが、私はこの何ともいえず牧歌的な絵も気に入りました。

20160202153703792_0001_201602021718567ec.jpg

チリのFァビオラさんの「全治キャンディー」は、なめるだけで病気がたちどころに治る飴です。
癌、HIV、白血病などの大病にも効き、臓器移植の必要もなくなるんだとか。
ただし条件があって、一人につき一度しか使えないんだそうです。
そのあたりのさじ加減も絶妙です。

20160202153757057_0001_20160202171859db2.jpg

続いては中国のGさんの作品、水晶玉のようなものの中に自分の思い通りの世界を創造できる「神様の空間」
玉の中の自然環境、国の法律、果ては戦争まで、自分が神様になってコントロールできます。
また、玉の中に自ら入り込むこともでき、その中では空を飛ぶなどの特別な能力も持てるのだそうです。
もしあったら、一度は使ってみたい反面、ちょっと怖さや責任も感じますね。

20160202155141444_0001_20160202171901ac1.jpg

モルドバのEカテリーナさんが考えたのは「マジックバスケット」
自動的にお菓子を作り、それを世界中の子どもたちに送り届けてくれる魔法のバスケットです。
やさしさ溢れるこの道具の紹介を聞き、心が温かくなったのは私だけではなかったはずです。

20160202153622713_0001_20160202171855f3a.jpg

最後はベトナムのNャさんの「自分でゴミを分類」
一番上の入口にゴミを適当に入れれば、自動的に分類してくれるという何とも便利な機械です。
ちょっと調べてみたら、業務用のものは既に存在しているようですが、そんなことは大した問題ではありません。
日本のゴミの分別が複雑で難しい、という彼自身の気持ちがよく表現されているのではないでしょうか。

ご覧頂いたように、それぞれの個性と創造力が引き出せる、なかなかいい活動でした。
この記事からは伝わらないかもしれませんが、ねらい通り、一人ひとりの発話量も普段の授業以上に多かったように思います。
ドラえもんを題材にしたこと、また『外国人児童生徒のための支援ガイドブック』(凡人社)の活動を参考にしたことから、
子どもっぽいと抵抗を示す学生も何人かいるかもと心配していましたが、そのような様子は見受けられませんでした。

反省点は導入の段階で「どこでもドア」や「タイムマシン」など、これぞ夢!というものだけを紹介してしまったことです。
そのことで学生同士の作品が似通ったものになったり、「ドラえもん」の作中に既に登場した道具を考えてしまった者もいました。
もう少し、地味で用途の幅が狭い物も紹介しておけば、そういったことは防げたかなと思います。

でも、私もとても楽しめましたし、何より学生たちの表情が生き生きしていました。
今回の反省を活かして、またいつかやってみようと思います。
その時は、道具の名前を大山のぶ代さん風に発表させるというのは、やりすぎでしょうかね笑


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
2016.01
18
昨年12月7日から18日までの2週間、盛岡大学の5人の学生さんが当校で教育実習を行いました。

FotorCreated_2016011812392561c.jpg

彼女たちはいずれも、日本語教員養成課程で日本語教育を学ぶ3年生。
この実習の数週間前に行った交流会にも参加してくれました。
中には2014年の交流会にも、つまり大学2年生のときから2年続けて参加してくれていた学生さんもいます。
それだけに日本語教育に対する意識は高く、当校についてもある程度の予備知識を持った上での実習開始となりました。

しかし、一学生として輪に加わった交流会とは違い、実習では先生として、ものを教える立場になるわけです。
大学で指導項目の予習や模擬授業をしてきたとはいえ、「現場」である教室は、それとは勝手が違います。

流れとして、①「教案のチェック」をし、②「担当教師の前での模擬授業」をさせてから、③「教室での授業」に臨ませたのですが、
実習前半は指導範囲の理解が不十分で、自分の発話や教材を上手く使えず、教師から学生への一方通行……。

IMG_8247_201601181244405b5.jpg

当然④「授業後の反省会」では、担当教師の口から厳しい指摘が乱れ飛びます。
こちらの熱が入り過ぎたからか、自分の不甲斐なさを痛感したからか、実習生の目から涙が落ちることもありました。

IMG_8390.jpg

日に日に控室は雑然としていき、実習生の顔からは余裕の色が消えていきました。
授業の他にも日誌の記入、宿題の添削や小テストの採点、期間中唯一の週末にも宿題を課したのですから無理はありません。
聞くと、宿泊先の旅館でも夜遅くまで勉強・課題・準備をしていて、実習中の平均睡眠時間は3時間ほどだったそうです。

IMG_8344.jpg

しかし、その努力の甲斐あって、徐々にではありますが授業は改善していきました。
授業時間外での学生たちと触れ合いの中からも、何か得るものがあったようです。
指摘した点は一人一人微妙に違うのですが、皆「授業は教師一人で作るのではない」と気付けたことが大きかったのでしょう。

FotorCreated1_20160118123931df0.jpg

最終日のiタイム(90分)は、実習生に企画・準備・実践をほぼ任せることにしていました。
実習当初は正直心配でしたし、見学している最中にも色々と口を出したくなったのですが、
「日本語を教えなきゃ」という固定観念から「日本語を楽しく使わせよう」という方向へ発想を変えたことが功を奏したようで、
クラスの学生たちにも実習生たちにも笑顔が見られ、お互いにいい時間になったように思います。

IMG_8396.jpg

実習のまとめとして行った最終ミーティングでは、「恩送り」という言葉が鍵になりました。
「私たちも諸先輩方にここまで育ててもらった恩があり、その恩を今回、大変だったけど皆さんに送った」
E先生のこの言葉のほか、K長先生からの「何事も経験が大切」をはじめとする数々の人生訓も彼女たちの心に響いたようです。

年が明けて、大学へ戻った元実習生たちから学校へ届いた感謝の手紙には、
「日本語教育についてだけではなく、この実習を通して仕事や人生についても考えが深まった」
それぞれ表現は違いますが、このような主旨のことが書いてありました。

1_20160118124238b8e.jpg

今回実習を行った5人のうち4人は、これからカナダでの教育実習が控えているとのこと。
当校での経験がきっとその実習にも、今後の勉強にも役に立つことでしょう。

最後に、今回の経験を私たちからの恩と感じたのであれば、いつかどこかでだれかに、その恩を送ってほしいと思います。
それが終わってからでなければ、本当の意味での実習終了とは言えないのです。
格好いいことを言いましたが、もちろん、私たちに直接返してくれても全く問題はありません。
ということで、2週間お疲れ様でした。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ