RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の公式ブログです。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.06
08
5月30日(土)
八木山市民センターにおいて、日本語ティールーム主催の研修会「多読のすすめ ~学びを支えるという視点から~」が開かれました。
この研修会の講師を務めたのが、当校のエースS戸先生です。

日本語多読に力を入れている当校では、現在、初級では月に一回程度、中級以降は週に一回、多読の授業を行っています。
(そしてもう何度も紹介していますが、地元のことを学べる多読教材も開発しています)

まずは、S戸先生から日本語多読の概要、多読の4つのルールや考え方など、スライドを使って説明しました。

IMG_0657.jpg

次に、当校のN見先生が当校の多読の取り組みについて発表しました。
どうして多読を取り入れようと思ったか、図書室の紹介、どうやって読書に適した環境を整えてきたかなど報告しました。

IMG_0663.jpg

続いて、当校の講師であり、仙台の日本語ボランティア団体ICAS(アイカス)でも教えているK西先生の発表がありました。
K西先生の話は、同じ地域日本語教室ということで、ボランティアの方たちに大いに参考になったようです。

IMG_0665.jpg

最後に、前回のICASの勉強会で行った時と同様にグループごとに絵本を「難易度順に並べる」&「最も適した多読用図書と選ぶ」というワークショップを行いました。

IMG_0673.jpg

この春改装されたばかりの八木山市民センターは本当にきれいで立派でした。
会場にはすてきな花も飾られ、会終了後には懇親会を開いていただき、お土産にお菓子までいただいてしまいました。
日本語ティールームの皆様、本当にありがとうございました。

研修会の後に行ったアンケートの一部をご紹介したいと思います。

・「多読の概要について理解ができました」
・「このような学びの方法もあるのか、と思いました」
・「自分達の活動の中でどのように活かしていけるか、参考サイトやおすすめの本等を参考に学んでみようと思いました」
・「自分の読書経験なども含め、とても興味がわきました」
・「つい調べてしまいがちになるところですが、4つのルールの重要性がよくわかりました」
・「まずは教師の頭の中から変えていかなければ……と思いました」

と、参加者の方はたくさんの学びを持ち帰られたようです。

来月(7月18日)にも、仙台で日本語多読セミナーが開かれます。
このセミナーでは日本語多読の第一人者であるNPO多言語多読副理事 粟野真紀子先生のお話が聞けます。
また、多読体験のワークショップもあります。ご興味のある方は、ぜひご参加ください!
http://www.sira.or.jp/japanese/blog/archives/2015/05/27npo.html#more


(E)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

Comment

非公開コメント