RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の公式ブログです。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.11
14
10月4日(火)から6日(木)までの3日間、「小・中学生のための秋の夕方日本語教室」を開きました。
これは仙台近郊在住の日本語支援を必要とする子どもたちを対象とした、当校主催の学習支援活動です。
このような活動は今年3月に「小・中学生のための春休み日本語教室」として初めて行い、今回が2回目。
本業である日本語学校の運営(留学生を中心とした成人に対する日本語教育)の合間にしか開催できないため、
今回は小・中学校の平常の授業期間に重なってしまいましたが、前回を上回る5人からの申し込みがありました。

1_201611120955019c7.jpg

上の写真の前列がその5人の子どもたち。
国籍も来日時期も在籍校も学年も、一様ではありません。
「小・中学生のための―」とうたっていますが、このうち1人は小学校にまだ通っていない子です。
未就学の子からの申し込みは予想外でしたが、活動の主旨に外れるわけでもありませんし、お引き受けしました。
(このことをきっかけに、次回以降は「子どもたちのための―」と名称を変え、対象を広げることも検討中です)

FotorCreated_20161112101910de0.jpg

少し話がそれましたが、既に述べたとおり様々な背景を持つ、様々な環境にある子どもたちが参加することから、
活動の内容は前回同様以下の5つの活動を軸に、それらをその子の能力や興味に応じて組み合わせる形をとりました。
 
 ①宿題・自学支援
 ②ipad・パソコンを使った学習
 ③日本語の本の多読、絵本などの読み聞かせ
 ④漢字(ひらがな・カタカナ)の読み書き
 ⑤その他(ゲーム・ことば遊びなど)

現役のプロの日本語教師が、基本的には一対一でサポートすることはもちろんですが、
ipadや多読用教材(多読用図書館)などを利用することも「当校ならでは」と言えるのではないでしょうか。

目新しい環境に加え、短期間(3日間)、短時間(16:30~18:00)の開催だったということもあるかと思いますが、
期間中どの子も遅刻・欠席もなく、集中して学習に取り組めていたように感じられました。

IMG_0108.jpg

「『動』と『静』、『一対一』と『一対多』など形の変化」があまりなかったことが前回の反省点の一つでした。
そこで今回は各日冒頭の10分ほどをアイスブレーキングの時間とし、みんなで楽しめるゲームをしました。
我々サポーターを含む参加者全員の心が近づき、その後の学習活動がスムーズに進められたと思います。

FotorCreated2_20161112102751b68.jpg

また、上の写真の段ボール箱を加工して作った教材も前回にはなかったものです。
箱の中に実物や絵カードなどを隠し、中身当てゲームをするのに使用しました。
例えば「みかん」なら、「丸いです」「食べ物です」「果物です」と言葉でヒントを出していくわけです。
わからない場合には、側面の穴から手を入れさせて考えさせることもできる、見た目以上の優れモノです。
日本語が比較的上手な子には、出題者になってもらいもしました。
写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、この箱を使った活動はかなり盛り上がりました。

FotorCreated_20161112101803143.jpg

単純に比較すべきではないと思いますが、今回は前回よりも「手応え」を感じました。
「手応え」というのは、前回よりもよい学習の場を作ることができたという達成感でもありますし、
日本語学校が彼ら/彼女らのような子どもたちに貢献できることが数多くあるという確かな自信でもあります。
現状、日本語支援が必要な(外国にルーツを持つ)子どもたちの環境は整備されているとは言えないようです。
その事態の改善に向けて、当校は微力ながら今後もこのような活動を続けていこうと考えています。

最後になりますが、当教室の開催及び運営にあたり(公財)仙台観光国際協会さんからお力添えをいただきました。
ありがとうございました。

※写真はこちらからどうぞ。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

Comment

非公開コメント