RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の公式ブログです。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.03
29
3月15日、当校の学生が仙台市内の小学校で国際交流学習の講師を務めました。

IMG_1893_201704061327420bf.jpg

この大役を引き受けてくれたのは、当校の学生の中でも取り分けて優秀なこの4人。
Jョイさん(オランダ)、Lュウさん(中国)、Lサさん(インドネシア)、Sバシュさん(ネパール)です。

IMG_1894.jpg

小学校に到着した後、今回授業を担当する1年1組の約30名の児童と顔合わせ。
元気で可愛い子どもたちを前に、ずっと緊張していた4人の表情も和らぎます。

FotorCreated_2017040516232522a.jpg

その後、子どもたちは4つのグループに分かれ、それぞれの講師の持ち場まで移動。
4人は母国の地理、国旗、有名なもの、ことば(挨拶や数字など)を紹介しました。
私たち教師と一緒に何時間もかけて準備しただけあって、スライドも日本語での説明もばっちり。
様子を見守ってくれていた小学校の先生方や事務員のおじさんも感心してくださいました。

IMG_1938.jpg

また日本の遊びとは少し違う、各国の遊びも紹介し、一緒にやってみました。
写真はLサさんがインドネシアのじゃんけん「Suit Jari」を教えているところ。
「石、はさみ、紙」ではなく、「象(親指)、人間(人差し指)、蟻(小指」の三すくみ。
力関係はちょっと面白くて、蟻<人、人<象、象<蟻、なんだそうです。
掛け声は「スーイッ!」。「イッ!」の部分が「じゃんけんぽん!」の「ぽん!」にあたります。
この「Suit Jari」が大人気、「スーイッ!」の声が教室中に響き渡っていました。

後でわかったことですが、このクラスは国語の教科書で世界のじゃんけんを学んだばかり。
その中に「Suit Jari」についても書かれてあり、今回のことは計ったようなタイミングだったそうです。

この他オランダのJョイさんは数字のゲーム、ネパールのSバシュさんは小石を使った手遊びを、
中国のLュウさんはビニール袋で作ったポンポンを人数分持参し、蹴鞠のような遊びを教えました。
どのグループもとても楽しそうで、予定時間を過ぎてもワイワイと遊んでいました。

IMG_1976.jpg

本来ならここで終わりなのですが、今回はご厚意で、何と給食も一緒にいただきました。
最初の緊張が嘘のように、この時にはすっかり打ち解け、にぎやかなランチタイムに。
食事を終え、別れの際には子どもたちから「ありがとう」「また来てね~」という声をもらいました。

それにしても、185㎝のJョイさんにはいろいろなものが小さ過ぎます(笑)。

IMG_2083.jpg

後日、今回授業を行ったクラスの子どもたちから、お礼の手紙(をまとめた冊子)が届きました。
現在当校は春休み中なのでまだ手渡せていないのですが、4人はきっと喜ぶことでしょう。

この取り組みは子どもたちの国際理解を進めるプログラムの一環として行われているようですが、
当校の学生にとっても、準備段階から得るものが非常に多かったのではないかと考えています。

実は当校では、今回と似たようなことに以前にも参加させていただいたことがあります。
しかし、今回こうして実施に至るまで、随分と間が空いてしまいました。
双方にとって多くの学びがあるこの活動、今後もできる範囲で継続していければと思います。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

Comment

非公開コメント