RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の公式ブログです。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.06
19
5月31日(水)、校外研修として蔵王へ行って来ました。
学生の感想文に当日の写真を挿み、楽しかった思い出を振り返ってみようと思います。


「蔵王」、世界の天国

旅行、だれでも大好きなことです。
でも私にとってちょっととくべつな意味があります。
ぼくのゆめは生まれてから死ぬ前まで世界中のどこにでも旅行をすることです。
二、三日前蔵王町に旅行に行って来ました。
日本へ来てからそれは3回目で一番たのしい旅行でした。

1_20170622122816f8d.jpg

朝9:00ごろバスに乗って蔵王のおかまと言う所に着きました。
だいたい一時間半ぐらいかかりました。
バスに乗っているうちに自然の色々なけしきを見ました。
山にある森やみどりの田んぼや牛を育てている所や鳥など見ました。
それを見て自分の国の色々な事を思い出しました。
おかまはだいたい1700mぐらい上です。
そこで着いて山に登って友達と写真を撮りながら遊びました。
おかまの湖は世界中でめずらしいです。
まわりに火山岩でつくられた山、真ん中に茶色の水の湖があります。
本当にきれいです。
それから山の一番上に登りました。
自然のけしきが遠い所まで見えました。
そしてしんせんな空気があって気持ちがよくなりました。
もっと時間を過ごしたかったですがもう昼ごはんの時間になってしまってできませんでした。

2_201706221234142fe.jpg

昼ごはんのために先生たちはさんさ亭と言う和食のレストランを予約しておきました。
和食のレストランに行った事がないのでどんなレストランかぜんぜん知っていませんでした。
でもそこに着いて和食のレストランについてよくわかりました。
スタッフたちはみんな着物を着てよくあいさつをしていました。
そしてレストランのかざり方もちょっとちがいます。
くつをぬいだら入れます。
床に畳がしいてありました。
昼ごはんはフルコースでした。
美味しくいただきました。
食べ終わったらアルバイトのどうりょうと自分のためにおみやげを買いました。
蔵王のチーズやミルクは有名だと言われています。
ですからチーズのケーキとミルクのチョコレートを買いました。
もうどうりょうにプレゼントをしました。
「めっちゃおいしい」と言われてうれしかったです。

3_201706221244487f1.jpg

次はみやぎざおうこけしかんと言う所へ行きました。
それは手作りものの博物館でした。
木で作った色々なかたちの人形や物がかざってありました。
手作りものですから、時間もかかりそうなので、ねだんも高かったです。
そこで30分ぐらい時間を過ごして、次は蔵王ハートランドと言う動物を育てる所に行きました。

4_20170622130321476.jpg

バスから降りてすぐバターを作る場所に行って生クリームのミルクからちょくせつバターを作りました。
初めての経験ですからおもしろかったです。
バターを作り終わったら近くの高原のあちらこちらを歩きました。
旅行の中で私の一番大好きな所でした。
高原が広くてしずかでした。
そして林や遠いところに山が見えて言葉で説明ができないほどきれいでした。
自然のけしきがもっとゆっくり楽しみに見たかったですからそこで一日とまりたかったです。
でもゆっくりゆっくり時間を過ごしているうちに仙台に帰る時間になってしまいました。
日本へ来てから今まで色々な所へ旅行しました。
でも友達や先生と一緒に蔵王の旅行が一番たのしかったです。
蔵王からもう帰って来ました。
でもそこの山の上に登る事やみどりのけしきの事はいっしょう忘れません。
ぜんぶ記念をしておきます。
また時間があったら蔵王と言う世界の天国に行きたいです。
(1クラス、Iスラムさんの作文)


毎年、春と夏の2回実施しているこの研修旅行ですが、蔵王を選択したのは今回が初めて。
ここ数年行き先が定番化し、新鮮さに欠ける面があったので蔵王はその打開策でもありました。
行ってみるまでは学生の反応が読めなかったのですが、上の作文からもわかるように大好評。

天気もよく、みんなが楽しめた、いい一日でした。
※写真はこちらからも!


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

Comment

非公開コメント