RSS
Admin
Archives

仙台国際日記

仙台国際日本語学校の日々をお伝えします。

プロフィール

SISJ

Author:SISJ
仙台国際日本語学校
SENDAI INTERNATIONAL SCHOOL OF JAPANESE

You Tube
このブログ内の画像
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
facebook
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.03
27
3月で卒業する学生への授業が終わり、何だか少し静かになった校内。
私たちとしては、ほっと一息つきたいところですが、そうも言ってはいられません。
来期も勉強を続ける学生たちへの授業が、春休みまでのもう2週間ほど残っているからです。

この時期の午前クラス(中級以降)は、①外部試験や進学等の大きな目標もまだ遠く、
②4月になればクラスが改変されることから、次年度までのつなぎの期間と位置づけ、
通常のカリキュラムからは少し離れたユニークな授業を毎年行っています。
今年も例にもれず、ちょっと面白いことをやってみたのでご紹介します。

その名も「『この学校をもっといい学校にするためのアイディア』を考えよう!」
言わずもがな、その主体は教職員ではなく学生たちです。
どんなアイディアが出てくるか、期待半分不安(というより恐怖?)半分でしたが、やってみました。
(今回の活動はこちらの本の内容を参考にしています)

まずは一人一人に付箋の束を配布し、一枚に一つ「アイディア」を自由に書いてもらいました。
「お金の話はだめ!」とか「〇〇先生については書かないで!」等の制限を設けないことが大切。
むしろ突飛な例(とても書けませんが)を出して、学生たちの思考の枠組みを拡げてあげるようにしました。
また、「ほかの先生たちにも必ず見せます!」と私が宣言したことで、俄然やる気が沸いたようです。
10分ほどでしたが、30個近いアイディアを書き込めた人もいました。

1

次に、それぞれが自分の付箋を持ち寄って小グループ(3~4人)を作るように指示。
今回はグループ作りも学生たちに任せましたが、教師が決めてしまってもいいでしょう。

そしてグループ内でアイディアを共有させ、「授業」「イベント」といった具合に分類させます。
この分類項目も、こちらから指定はせず、学生たちに考えさせました。
うまく分類できないものも「他に」としてまとめているグループもあり、感心しました。

2

まとめ終わったら、今度はこれを発表する準備です。
付箋のままでは見えないので、ホワイトボードにマーカーでまとめ直してもらいました。
ちなみに、ここまでの一連の流れは「KJ法」と呼ばれるものだそうです。

3

そして、グループごとにクラス全体に向けて発表、その後質疑応答の時間をとりました。
いい写真がなかったので伝わらないかもしれませんが、かなり盛り上がりました。
きっと普段言いたくても言えないことが、色々とあるのでしょう。少し反省。

タイトルなしのコラージュ

そんなこんなで、全4グループから出てきた「アイディア」は上の写真の通り。
玉石混交、いや石にも満たないものもありますが、包み隠さずお見せしますね。
(クリック/タップすれば拡大されると思います)

こうしてまとめてみると、これで一つの活動として完結してもいいように思えてきます。
でも実は、これは同テーマの作文を書いてもらうための準備として行った活動だったんです。
この2日後に作文を書いてもらったのですが、いつも以上によく書けていました。本当に。
作文(と上のホワイトボードの写真)は約束通り、他の先生方にもちゃんと見てもらいました。
そして今回の活動が、実際に次年度の授業内容の見直しや、新しいイベントの企画につながりもしました。
また、「学生たちが知らないだけで実際はすでに実施・改善されていること」を説明する機会にもなりました。
(上の例としては「方言の授業」や「日本人の学生との交流」、「電灯のLED化」などがあたります)

学生の声がヒントとなって、本当に「もっといい学校」になっていきそうな予感がしています。
これからも、一年に一回ぐらいは学校運営の「定期点検」としてやっていきたいなと思いました。


(セ)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

Comment

非公開コメント